はじめての外壁塗装

はじめまして。塗装専門店のニッケンです。
このページをご覧になられる方は、初めての外壁塗装を検討をするにあたって、色々と情報を探していらっしゃるかと思います。

外壁塗装は、金額も大きいので、慎重に進めたいですね。

そんな外壁塗装をする際に、心得ておくポイントをいくつか挙げました。
ぜひご一読ください。

 

外壁塗装の必要性

そもそも、外壁塗装はどうして必要なのでしょうか。

外壁塗装には、おおきく分けて4つの役割があります。

1、外壁の表面の保護、コーディングをして外壁を外敵要因から守る
2、日々、雨風、紫外線に晒されている外壁の点検、補修をする機会
3、外壁の汚れを落として、美観を保つ
4、外壁の色を変えて、デザインする

とくに、1〜3の部分の目的を果たす事は、大切なお家を守ることにつながります。

ニッケンでは、これらの4つの役割を十分に果たせる外壁塗装を提供しています。

 

ずっと外壁塗装をしないままだと、どうなる?

ふと、このままにしておいたらどうなるんだろう・・・と頭をよぎることもあると思います。
しかし、外壁は必ず劣化をします。どのような流れで劣化をしていき、どのように、建物に影響をするかをご説明します。

外壁塗装の劣化の流れ

経年劣化や雨風や紫外線により、外壁は少しづつ劣化

チョーキング(外壁のコーティングの剥がれにより劣化した状態)や、クラック(ひび割れ)が少しづつ始まる

最初のうちはまだ問題ありませんが、それを放置してどんどん状態が進んでしまうと、その劣化状態から、建物の大きな不具合に発展
(具体的には、クラック(ひび割れ)から、雨水が侵入して、建物内部が腐食してしまう、といった現象)

 

小さなクラック(ひび割れ)や、少しのチョーキングは様子を見てからの塗り替えで問題ないと思いますが、もし、セルフチェックで症状がでているようでしたら、そろそろかな、と心の準備をしておくことをおすすめします。

 

まず、自分で外壁のセルフチェックをしよう

外壁の塗り替え時期は、約10年と言われています。
ただし、新築の建物の外壁の場合は、もともとの外壁の質によって塗り替え時期も違い、10年以上塗り替えなくても問題ない場合もありますし、2度目の外壁塗装の場合も、以前の塗料の質によって、塗り替え時期は変わって来ます。

セルフチェックで、おおよその塗り替え時期か判別できますので、一度ご自分でチェックしてみてください。

  • だんだん艶がおちてくる
  • 色が薄くなり、汚れが目立つようになってくる
  • 手で擦ると、粉っぽくなる(チョーキング現象)
  • 塗装膜に細かいヒビが生じ、日のあたらない部分はカビや藻が発生している
  • サビが発生したり、腐食しているところがある
  • 塗装がふくれている部分がある
  • 塗装が剥がれているところがある

業者を見極める

塗り替えが必要な状態だと判断されたら、次は業者選びが重要となります。

ひと昔まえのように、悪質な業者は少なくなりましたが、外壁塗装の業者は本当にたくさん存在します。

一番業者選びで失敗しないのは、ご近所で外壁塗装を施工されている方がいらっしゃったら、直接ご近所さんに口コミを聞き、情報を得て、判断することが一番確実でしょう。

口コミは、確実な情報である確率が高いといえます。ただ、口コミを鵜呑みにせず、見積もり依頼の際に、業者の説明をきちんと聞き、ご自分で最終判断をすることは必要です。

そのような口コミの情報が得られない場合は、ネットで調べるのも手でしょう。

また、ネットで情報を登録すると、業者を紹介してくれるサービスなどもありますが、そのようなサービスは、仲介業者へのマージンが発生し、結果、施工金額にマージンが上乗せされた費用がご自分にかかってしまいます。

また、ホームセンターの外壁塗装も、ホームセンターで施工せずに下請けに仕事を流しているため、結果、仲介手数料のマージンが上乗せとなります。

業者を探し、直接依頼することで、マージン分の費用を抑える事ができます。

業者も、2~3社にしぼり、各社見積もりをだしてもらうといいでしょう。

外壁塗装の金額は妥当か見極める

業者を絞ったら、見積りを出してもらいます。

見積りを出すために、業者が来て外壁や屋根の診断をしてもらいますので、業者とのやり取りが発生したり、訪問があったりと面倒かもしれませんが、いい業者を見つけるためだと思い、乗り切ってください。

しっかりした業者だと、見積りと一緒に外壁の写真など資料なども用意して、分かりやすく説明をしてくれます。

あやふやな説明や、おおまかな見積もりなどの場合は、きちんと不明点を質問し、説明をしてもらいましょう。

見積りを出してもらう際にチェックしておくべき事
使用する材料について充分な説明がありましたか?
その材料は一種類ではなく、お客様が選べる状況でしたか?
塗装箇所はどこまで含まれていますか?
鉄部や木部など、外壁以外に使用する材料の説明は受けましたか?
本当に塗装を必要とする箇所ですか?
「一式○○万円」のような、一式という不明瞭な表記になっていませんか?
どのような工程で塗るか、また、塗装前の補修方法などの工事内訳書は明確ですか?

色・塗料・塗装方法を見極める

業者を決めたら、塗料や色、施工方法を担当者と念入りに話し合って決めます。

塗料は、様々ありますが、値段や効果などのコストパフォーマンスなどで決めると良いでしょう。

外壁の色は、ご近所を散歩して、参考になる色などを決めておく、もしくは、雑誌などで、見本になるような外壁の家があったら、切り抜きを用意しておくとイメージがわきやすいでしょう。

明るい色を選ぶ際は、慎重に決めましょう。塗り替えてみると、思った以上に明るすぎる外壁に仕上がってしまうケースもあります。

家全体を塗り替えるので、面積が広い分、色見本の印象より明るく仕上がります。少し彩度を落とした色で、選ぶと良いでしょう。

大きなカラーサンプルなどもございますので、実際にサンプルを壁にあてて、1m離れて家全体を見る事で、イメージがわきやすくなります。

全体のイメージをカラーシミュレーション(無料)で見る事もできますので、ご希望の際はお申し出ください。

施工方法は、ベタ塗り、2色塗りなど、また、サイディング外壁の場合は、ニッケンのようにサイディング外壁の意匠性を損なわないJoytop仕上げ工法などもあります。

担当者に相談してみましょう。

契約を行う前に、担当者に確認しておくべきポイント

塗装回数は守られていますか?

塗りにくい箇所の工程を省いたり、3回塗りを2回塗りにし、材料や人件費を削減する業者もいます。
特に中塗りと上塗りは同じ色で塗装するケースが多いので注意が必要です。
ニッケンでは、中塗りを多少明るめに調色、3工程とも色変えし、塗りもれや塗りムラを防止しています。

契約した塗料を使用していますか?

残念ながら悪質な業者ですと、勝手に安価な塗料を使っていたり、必要以上に塗料を薄めて使用してしまうことがあります。
水やシンナーで薄めるほど外壁面などは塗りやすくなることがあります。また、1缶で塗装できる面積も増えるので、材料費が削減できます。しかし、このような塗装は当然ながら、長持ちしません。

ケレン(はがす)作業を省かれていませんか?

汚れがついた箇所をそのまま塗装したり、古い塗膜が密着してない場合、剥がれの原因になります。 手間がかかるため、必要な場合でも省略する業者もいます。

工期があまりにも短くありませんか?

工事が早く終われば終わるほど、業者の利益になります。一般的には10日前後ですが、あまりにも早い場合は注意が必要です。

このほかにも、賃金の安い素人同然の職人で人件費を抑えるなど、見えないところで手抜き工事は簡単にできてしまいます。

しかし、このような手抜きの塗装でも、お引渡しの時には「きれいになった」と思われるかもしれません。実際に塗り終わってからではプロの目でもなかなか分からないことが多いのです。

手抜きの症状が出始めるのは終わってから2・3年後です。あとで後悔しないための防衛策としてぜひ知っておいていただきたいと
思います。

更新日:

Copyright© 外壁塗装専門店のニッケン練馬店 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.